加熱向け 生食向け 牡蠣

加熱向けと生食向けの牡蠣

スーパーに並んだ牡蠣を選ぶ時、
「加熱用」や「生食用」と書いてある
パックされた商品を購入することがありますよね。

 

殻が付いたままの牡蠣は処理するのが大変なので、
むき身が入っているパックの商品は、
かなりお手軽に牡蠣を食べることができるので便利です。

 

今晩は鍋にするから加熱向けの牡蠣、
さっぱりとポン酢で食べたいので生食向けの牡蠣、
といった風に、何となく手にしているむき身タイプの牡蠣ですが、
加熱向け、生食向けとして分けて売られているのにはワケがあるのです。

 

加熱用と生食用の牡蠣がどう違うのかと聞くと、
鮮度が違うのでは?と思う人もいるかもしれません。

 

ですがそういうことではなく、
養殖の海域の違いにより、分けられているんだそうです。
このことを聞くと、びっくりする人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

生食向けの方が活きがいいのかと考えて、
いつでも生食用を選択して、
買ってたという人もいらっしゃるみたいですよ。

 

生食向けとして売られている牡蠣は、
岸から離れた海域で養殖されたものです。

 

安全に食べることが可能なように、紫外線で殺菌をして、
牡蠣にある菌をきちんとなくしから市場に出ます。

 

一方で、加熱用である牡蠣は、岸近くの海域で養殖されたもので、
加熱調理で菌を死滅させることが可能なので、
収穫した後にちゃんと水洗いした状態でそのまま出荷されます。

 

こんな風に、買った人の調理方法により
適した処理をしているため、区別して売られているのです。

 

生食用は、安全に食べることができるもの、
加熱用は熱を入れることでおいしく食べられるものです。

 

パックに記載された調理方法通りに食べることで、
パックのむき身であっても存分に美味さを堪能できますよ。